婚活パーティーに数多く参加していると、本当に多くの女性に出会いますし、会話もします。

そんな中、痛いなぁと思うこともしばしばありますね。

ネットなんかでは、そんな婚活女子に辛辣な書き込みがされているようですが、私は結婚したい、幸せになりたいという真剣な思いの表れなんだと、むしろ評価したい気持ちです。

しかし、婚活で売れ残っているには理由があって、男性からは冷ややかに写っていますよということを伝えるため、男性目線のNG行動を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

私が引く婚活女子の行動

私は婚活パーティーが大好きです。

別にチャラいわけでもなく、遊び相手探しでもなく、結構真剣に参加してます。

多い時は毎週末。

平均月2くらいのペースでしょうか。

単純に婚活パーティーが好きというのも、あるでしょう。

あと、営業マンにとって、短い時間に相手のニーズを汲み取り、効果的に自分を売り込むことが非常に成長させてくれる場となりました。

これは私の持論ですが、婚活パーティーでモテるのはイケメンではなく、自分を売り込むことができる優秀な営業マンです。

短い時間でいかに相手のニーズを読み取り、自分を効果的にアピールできるかが、婚活パーティーの場では勝負を分けます。

そんな風に、コミュニケーションに重きを置いて、仕事スイッチを入れてパーティに参加していると、婚活女子の軽はずみな発言、行動が気になってしょうがなくなります。

「あぁ、自分の要求ばかりで男性に自分がどう見えているか考えてないなぁ」と。

 

スポンサーリンク


 

①まず年収

パーソナルな部分を知る上で、相手がどんな仕事をしているかって、とても大切です。

しかし、相手を条件ありきでしか判断できなくなってる婚活女子は決まってこんな質問の仕方をしてきます。

「どんな仕事してるの?」ではなく、「会社はどこ?」と聞いてきます。

男もバカじゃありません。

この子は、自分の人となりを知りたいんじゃなくて、まず年収を知りたいんだなと引いてしまいます。

 

②私って〇〇なのアピール

このアピールで1番世の男性を困らせるのが、私って若く見られるんですアピール

こういうアピールしてくる人に限って、大概年相応ですからね。

普通におばさん。

おばさんがダメなわけではありません。

年を重ねながら魅力を増す女性はいっぱいいます。

しかし、若く見られるんですアピールの女性って、若いことが正義なので、変な若作りが痛々しい結果になってることがほとんどです。

若作りは-3~5歳くらいが理想でしょう。

 

③年相応の会話ができない

著しくコミュニケーション能力が低いと顔が好みでも、長くつきあいという気持ちにはなりません。

婚活パーティーのアピールタイムは自己紹介タイムで1分ほどです。

「Q」に対する「A」が的確に出てこないのは、当然NG。

若い世代が使うような言葉使いなども一発で引いてしまいますね。

 

④焦ってませんよを自虐でアピール

「私ももうおばさんだから~」と、自分を自虐的に紹介し、結婚に焦ってませんよというアピールをしてくる人もいます。

相手との関係性だったり、環境によってはイイ女として有効なアピール方法かもしれませんが、ここは婚活パーティーです。

初めて会った女性にそんな自虐をされても男性は困るだけだし、婚活パーティーならがっついてないアピールは逆効果ですよ。

 

⑤意識高い系が変な方向に向いてる

これが1番の痛さですね。

すべてに上から目線で、自分の市場価値が認識出来ていないタイプ。

この手の女性は、好みの男性のタイプを聞かれると、「好きなタイプ」ではなく、「こんな男はNG」と答えます。

例えば、「背の低い男は嫌」「デブはダメ」「自分より年収が低いと結婚は考えられない」「学歴は大卒でこのランクより下はダメ」など。

こういった答え方をするのは、上から目線で物事を見ている証拠です。

もし、自分が条件をクリアしていても、なんか嫌な気持ちになってその人とはもう話したくないなぁという気分にさせられます。

自分の欲みたいなものに正直でむしろ清々しいですが、痛いことには変わりありません。

 

スポンサーリンク