私は婚活パーティ大手のシャンクレールによく行きます。

シャンクレールを選ぶ理由はいくつかありますが、1番はカップル成功率が高いからです。

今回は私なりのシャンクレールパーティーの攻略方法とお気に入り女性を狙い撃ちする方法をご紹介しましょう。

パーティの流れ、人数、サクラの有無など婚活パーティに興味があるけど、行ったことないなんて人にも、有益な情報になればいいなと思ってます。

 

スポンサーリンク


 

ご飯くらい行ってもいいかと思わせる

婚活パーティは時間との勝負です。

パーティ自体は2時間近くあるのですが、女性としゃべったりアピールできる時間は驚くほど短いです。

そのため、早めに意中の女性を決め、その女性に「あなたが第一希望です」という意思を確実にアピールするようにしましょう。

「まあ、見た目は悪くない」+「自分を気に入ってくれる」=「ご飯くらいいってもいいか」

こう女性に思わせたら勝ちです。

婚活パーティでマッチングすることは、いわばスタートです。

つきあうまでにはいろいろ大変でしょうが、マッチングすらできなければ、ここで終わりです。

では、パーティの流れに沿って攻略方法をご説明していきましょう。

 

スポンサーリンク


 

婚活パーティーには1人で参加する!

私は確実に1人で参加しています。

同僚や友達と婚活パーティの話題になった時、「じゃあみんなで行ってみようよ」なんてノリになることがありますが、そのパーティで勝ちに行くなら確実に1人で行った方がいいです。

パーティの後、食事にでも行きましょうという流れになることはとても多いのですが、その時友達連れでは柔軟な動きができません。

同じ女性を気に入ってしまうなど、メリットよりデメリットのほうが大きいように思います。

複数人が有利に働くのは、合コンやナンパですね。

 

パーティの流れ

では、パーティの流れについてご説明しましょう。

まずは、ネットで事前に予約し、5~10分前くらいに到着するように行きます。
理想としては、15分ほど早く到着し、トイレで身だしなみを整えつつ受付を5分前に通過するくらいがベストです。

このスケジューリングにはちゃんと理由があります!

受付

5分前というと、参加者のほとんどは受付を済ませ、席に着席しています。

シャン・クレールでは、「空いてる席に座ってください」と言われ、自分で好きな席を選べます。

ここで絶対にテキトーに座ってしまってはダメ!

この時、下記2ポイントで私は席を選びます。
  1. 自分の好みの女性の前に座る
  2. モテなそうな男性の隣に座る

①がダメなら、②といった感じでしょうか。

①の理由としては、最初に向かい合わせに座った女性とは、最初の自己紹介カードの記入と印象カードの記入の際、向かい合わせに座ることができ、ここで一声かけるだけでだいぶ印象は変わってきますし、アピールできる一番時間が長くなります。
あと、女性の中には、多くの男性としゃべってどの人が何番かということを覚えていられない方もいます。

ここで、最初と最後に目の前に座っているというのは、かなり強くアピールができます。
もし恥ずかしがって、好みではない女性の前に座ってしまっては、1つチャンスをつぶすことになりますよ!

②は単純に自分を良く見せたいからです。

間違ってもイケメンの隣に座ってはいけません!
自分が引き立て役になってしまいますよ。

自己紹介カードの記入

まず、番号の札が渡されます。
その番号を胸につけて、この5分で自己紹介カードの記入をします。

氏名、住所といった基本情報と好きな食べ物といった会話のきっかけになる重要なカードです。

img_4175

自己紹介カードの項目は、女性目線を忘れず記入しましょう。

例えば、、、、
Q、休日の過ごし方は? A、ドライブ
車持ってるんですね、どこどこ行きましょうといった感じでデートした時のイメージをもってもらえます。

Q、最初のデートは? A、ディズニー
ディズニー好きの女性は多いです。これで女性からいろいろ話してくれることが多いです。

自己紹介タイム

まず、1分ほどの自己紹介タイムです。

img_4148

1分間の会話が終わると、男性が右に移動して次の女性としゃべるといった形式で進んでいきます。
気になる女性には、「また後でお話ししましょう」など、アピールするといいですよ。

自己紹介タイムで会話した女性の番号と特徴をメモしましょう。
気になった女性の番号だけをメモしてしまいがちですが、必ず全員の番号を話した順にメモしてください。

img_4131

参加者が30人以上いるようなパーティーでは、本当に何番が誰かがわからなくなりますので、メモは必ず全員分とってください。

第一印象カードの記入

自己紹介タイムで全員と話をした後、第一印象カードに気になる女性の番号を何名か記入します。

img_4135

気になる女性の番号を5人分書くことが出来ることが多いようです。

この第一印象カードのおかげで、誰が自分のことを気に入っているかがわかり、相手にも好意を伝えることができます。

1対1のフリータイム

フリータイムは男性がしゃべりたい女性のもとへ行って1対1で2分ほどしゃべることができます。

ここが最大のアピールの場となるので、気を引きしめて!

全員としゃべって一周していますので、自分の向かいには最初向かい合って座っていた女性がいることになります。

一番好みの女性の前に座っていて実際にしゃべってみてこの人がいいなと思っていたら、そのままフリータイムでしゃべることができます。

ここで作戦①の利点が効いてくるわけです。

フリータイムは合計4回、つまり4人の女性としゃべることができます。

ここからは戦いです!
たった、4回しかチャンスがないので、恥ずかしがっていたり、遠慮していると意中の女性に最後のアピールができず終わってしまいます。

自分が気に入っている女性ですから、ほかにもライバルがいると考えた方がいいでしょう。

けっこう人気は集中するものです。

もし、ライバルに先を行かれてしまい一番目に意中の女性と会話できなかったら、2回目は誰とも話さず後に並ぶことをおすすめします。

ルール違反ですが、自分のフリータイムの権利を放棄する代わりに人気の女性の席の後ろに並べば、次のフリータイムで確実にしゃべることが可能です。

1回目のフリータイムが終了する頃、先ほど提出した第一印象カードが返却されます。

このタイミングで意中の女性の矢印が自分に向いているかどうかが分かります。

最大のアピール方法

いよいよ、意中の女性とのフリータイム。

そこが最大のアピールタイム!

私がよくやるアピール方法は・・・

「今日は、ありがとうございました。今日は〇〇さんと出会えただけで来たかいがありました。僕の気持ちはもう決まってます」

そう言いながら、彼女が見ている前で最後に提出する「告白カード」に相手の番号を書き込むのです。

この作戦のポイントは最後にやること!

告白カードを書いたら、よろしくお願いしますといって去っていってその後会話をしないのがポイントです。これは営業マンのパワークロージングと似てますね。

この方法は本当に使えます!

一度使ってみてください。

営業マンの方は仕事にも応用できますよ。
期限(月末など)を切っておき、クロージングをかけてほっといた申込書がポッと来ることがあるかも。

告白カード記入

これで、最後の告白カードの記入です。

第一希望から第六希望まで記入できるようになってます。

第六希望って。。。

経験上、第六希望の女性とマッチングしても長続きしませんので、私は書いて第3希望くらいまでですね。

カップリング発表

運営が集計してカップリングした二人の番号を発表が行われます。

そして、見事カップルになれれば、その後連絡先を交換するか食事に行くかなどする流れになります。

ここで、パワークロージングした女性の番号が呼ばれれば、晴れてカップリング成立です。

これは豆知識ですが、呼ばれる順番が1番、2番目に呼ばれるカップルは第一希望同士でカップリングしていることが多いです。

連絡交換する時のアドバイス

カップリングしたら、LINEや電話番号を交換する流れとなります。

その時、お互いの自己紹介カードを交換しておくと、後日基本情報を忘れずに済みますよ。

これ、結構大切です。

img_4143

これはフリータイム中に行うことなのでしょうが、アピールカードというのもを女性に渡すことができます。

LINEなどのIDを書いておけば、意中の女性とカップリングできなくても後日連絡が来ることがありますから、積極的に活用しましょう。

img_4141

もちろん女性から渡されることもあります。

img_4142

 

今回参加したパーティの情報

日時 4月28日 19:45~
パーティ 《20代・30代中心/婚活編》
場所 ヒルトンホテルB1F Hiltopia ~バンケットHall

 

スポンサーリンク