婚活パーティーや合コンなどの出会いの場で出会った人と結婚なんてできない!

職場などの自然な出会い方から、お互いを知っていき徐々に惹かれあうのが重要だ!!

などと、おっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、私の友人には婚活パーティー「ホワイトキー」で出会って結婚した人がいます。

今日はそんな友人から、聞いた婚活~結婚への様子や上から目線で頂いたアドバイスを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


 

「婚活してます」宣言は大切

「結婚したい!」

「今年中に結婚します!!」

なんて、毎年社内で宣言してたら、なんかネタのようになってきている私なのですが、「婚活してます」と宣言すると結婚ネタでイジられるという効果の他に、合コンなどの出会いの場へのお誘いや「私の場合は・・・」的な婚活情報(?)をもらえるという現象が起きます。

結婚できないことで深刻に悩んでいたり、そういったイジられるという行為が嫌という方もいらっしゃるので、みなさんにおすすめというわけではありませんが、ネタにされることは私自身好きなので、「結婚できない男」キャラとして社内でもキャラ立ちして、自分としては「おいしい」と思ってます。

「毎週末、婚活パーティーか合コンに行ってます!」と話していると、同僚の友人が「実は俺も婚活パーティーで嫁さん見つけたんだよね~」と話してくれました。

その友人は同い年で部署は同じですが、職種が違うバックオフィス側の人間でした。

気はいい奴なのですが、物静かであまり自分のことを話したがらない奴だったので、そんなことを唐突に言われた時はちょっと驚きました。

これも「婚活してます」宣言の効果(?)と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク


 

彼が嫁さんと出会ったのは「ホワイトキー」

彼が結婚したのは約3年前、今では1歳のお子さんもいます。

2年交際して結婚しているので、出会ったのは5年ちょっと前ということになります。

彼から聞いた話をまとめるとこんな感じでしょうか?
  • 彼女いない歴半年くらいの頃、「ホワイトキー」開催の婚活パーティーに友人と2人で参加
  • 第一印象で良いなと思った女性はいたが、あまり話しは盛り上がらなかったのとアピールカードをもらえなかった
  • その逆で、顔はそれほど好みではなかったのだが、とても話があってアピールカードをくれた女性がいた
    (もちろん、その女性が未来の嫁さん)
  • 無事カップリングしたが、2人でデートはしなかったらしい
  • 何回か友人を含めて飲み会をした後、交際スタート
    (彼曰く、この交際スタートの時点で、この人だ!と結婚するつもりだったらしい)
  • 交際スタートから半年でプロポーズ
  • 出会って約2年で結婚!
こんな流れらしいです。

う~ん、理想的な流れだなぁとは思いますが、半年でもう結婚を決意するって早くないですか?

と、率直に聞いてみたところ、彼は加点方式で決めたんだそうです。

つまり、自分の中で譲れない条件があってそこをクリアできたら結婚しようと思ったのだそうです。

きっと嫁さんも同じような考えだったんでしょうね。

友人から頂いたアドバイス、というかダメ出し

「そっかぁ、やっぱ婚活パーティーで出会っても結婚できるんだね~。俺にも希望が湧いてきたわ~。」

なんて、薄っぺらい返事をする私に、結構真面目な顔で彼はこう言いました。

「いや、今のままじゃダメでしょ。つか、今も出会いなんてめっちゃあるじゃん。なのに、結婚に至らないのは、出会ってる場所じゃなくて、お前自身の問題じゃないか?」

おお!核心をついてくるな~と焦りながらも

「うそ?!そうなの?早く言ってよ~」とCMのマネなんぞしながら、その話題から逃げようとする私を彼は逃がしてくれません。

「そもそも減点方式で女性を見てるからダメなんだよ。これができない、これがだめ、はい、さようなら~みたいなつき合い方してるんじゃない?」

今日の彼のテンションでは逃げられないなぁ~と思いながら、そこから私が結婚するために改めなくてはいけないことをダメ出しされるのでした。
減点方式で女性とつきあっている
彼の言う減点方式とは、つきあう時点では100点で付き合っていくうちに、「料理の味が合わない -3点」「映画の趣味が合わない -1点」という感じで持ち点が減っていき70点を切ったところで別れるというものです。
文章にしてみると最低な男だなと思いますが、ちょっと言われていることはわかるかも
こだわりが強い
部屋の家具や洋服、車といった身の回りにあるものにこだわりを持ち過ぎで、それが自分ゾーンを強く作ってしまい、彼女が入り込めないゾーンを作ってしまっている。家具の配置や掃除のやり方など、自分のスペースに他人が入ってくることが嫌。これは自分でも自覚してます。彼曰く、結婚とは他人と生活することだそうだ。
潔癖なところを直せ
家の掃除し過ぎ。これにはちょっと納得がいかない。部屋をキレイにすることはいいことではないのか?!
女性をもっとリスペクトしろ
私はよく「あのタイプは~」と言っているらしいのですが、彼曰く、それは付き合っている女性をもののように考えているのではないかというのです。私自身、そこまで傲慢ではありませんが、彼からはそう見えてしまっているようで反省すべき点です。
と、こんな感じで、彼の馴れ初め話から私へのダメ出しに変わるという予想しない展開で話は進みましたが、こういうことを言ってもらえるのも、「婚活してます」宣言のおかげかなと前向きに捉えましょう。

なにより彼がこんな風に私を見ていたなんて・・・

 

おすすめ婚活パーティーランキング

最後に私の友人も参加していたホワイトキーを含めた婚活パーティーの情報をご紹介しますので、参考にしてみてください。
  1. PARTY☆PARTY



    開催数 5.0
    参加率 4.5
    年齢層 20代後半中心

    2位、3位に比べて集客力は劣る印象だが、iPadを使用して進むパーティの参加しやすさはそれを十分カバーできるもの。
    予め女性の情報がiPadで確認でき、さらにリアルタイムで誰が自分のことを気に入っているかが確認できるので、カップル率はかなり高いです。

    まさに量より質といった感じでパーティーの運営がしっかりしていてかんり好感がもてます。

    ⇒PARTY☆PARTY体験談

 
  1. エクシオ



    開催数 5.0
    参加率 5.0
    年齢層 20代中心

    業最大手のうちの1社であり、シャンクレール同様、抜群の広告力と知名度により、20代を中心に女性参加人数が抜群に多いです。
    知名度で言ったらエクシオが一番と言えるでしょう。

    ただ、実際に参加してみてシャンクレールの方が安定して集客力があるように感じますので、2位にしてます。

 
  1. シャンクレール



    開催数 5.0
    参加率 5.0
    年齢層 20代中心

    企画を毎月1,000回以上開催する業最大手のうちの1社。
    なんといっても魅力は抜群の広告力と知名度により、20代を中心に女性参加人数が抜群に多いことです。

    特に新宿会場と銀座会場の女性参加人数は圧倒的に多いことと、第6希望まで書かせるカップリングシートで高いカップリング率でチャンスが広がります。

    ⇒シャンクレール体験

 
  1. ホワイトキー



    開催数 4.0
    参加率 4.0
    年齢層 20代中心

    全国主要都市にて婚活パーティーを毎日開催、運営実績は15年以上!

    身分証明書提示で安心運営
    1対1の全員平等会話スタイルから謎解き恋活パーティー、 100名以上の異業種交流会など大型イベントまで様々

    個人的にはホワイトキーの大型パーティーは他と会社と比べてもピカイチの集客で気に入ってます。

 
おすすめの婚活パーティー情報は過去記事でも書いてますので、よかったら読んでみてください。



 



 

スポンサーリンク