私はモテる!と恋愛マスター気取りで語る女性ほど、自分が2番目の遊び相手にされていることに気づいてないもの。

今日はブスユニークな顔なのに、なぜか自分は、モテると勘違いしてる女性について語りたい。

 

スポンサーリンク


 

勘違い女はいる!!

男性のみなさんは、こんな経験ないですか?

夜道、街灯が少ない道をだらだら歩いている女性を歩いて抜かそうとしたら、警戒した目でチラチラ見てくる。

いやいやいやいや!
表の明るい道から、わざわざ裏路地入って来て、だらだら歩かれたら抜かさなあかんやん!

つか、ちらっと見たらブスやん!かわいくないやん!

と、仕事に疲れて帰路に着くおじさんを犯罪者扱いしてくるような勘違い女の被害が後を経ちません。
今回はそんな勘違い女性について書いていきたい。

 

スポンサーリンク


 

自分がモテると自慢する女はヒエラルキーの上位にいる

よく電車で派手な化粧のブスユニークな顔の女性がナチュラル系というかちょっと地味目な整った美人さんに彼氏の話を上から目線でしているところを見かけます。
第三者から見るとコントかな?と勘違いしてしまいそうですが、これには訳があります。

勘違い女の多くは、狭いコミュニティーの中で、そのコミュティーでしか通じない価値観で上位にいるのです。

男性の目から見るとコントにしか見えないこんな現象も女性の世界では起こりうるから、怖いですね。

そんな勘違い女の特徴をまとめました。


ワンナイトを繰り返す

遊ばれてるのをモテてると勘違いしてしまう女性
こういったタイプに限って、ワンナイト経験を自慢のように語るのが好き。

体目当てのヤリ目のアプローチを「モテてる」と勘違いしてます。

まわりのゴシップネタが好き

「誰と誰がつきあってて」「誰が昇進して」「誰が左遷されて」

いったいどこでその情報仕入れるの?ってことまで知ってる女性社員っていますよね?
情報持ってる奴が成功するように、コミュニティー内で情報もっている人間がヒエラルキーの上位にいるもの。

ゴシップ好き⇒ヒエラルキー上位⇒勘違い女 という関わりですね。

絶対自分の話じゃなきゃ我慢できない

どんな話してても、最後には自分の話に持ってく女性がいます。

「誰かに彼氏が出来て、その彼氏がどんな仕事していてて・・・」とほかの女性の話をしていると、なぜか自分の彼氏、元カレの話を何の脈略もなしにし始める「・・・あ、ああ、そうなんだ」

自分の話をぶっこんできて、会話を終わらす。

コミュニケーション能力が低い

自分が1番じゃないと気が済まないと繋がりますが、常に自分中心で物事を見ているため、客観的なコミュニケーションができない傾向があります。

 

スポンサーリンク